膝関節と大内転筋について

今回は臨床で多く関わるであろう、膝関節についてです。僕は変形性膝関節症の方と関わる際には必ず確認すると言っても過言ではないくらい、内転筋群(特に大内転筋)の評価はしています!

この記事では膝関節と内転筋の関係性について説明していきたいと思います。

そもそも膝が痛くなるってどういう時?

膝関節に痛みを抱えている方の多くに歩行時の「ラテラルスラスト」が観察されるかと思います。(そうじゃない事もありますからね!!)ではラテラルスラストは膝関節にどんな影響を与えているのか?

  • 内反方向への不安定性が高まる
  • 内側に圧縮ストレス
  • 外側に伸張ストレス
  • 衝撃緩衝作用(クッション)が低下

などが挙げられるかと思います。どうでしょうか?臨床でよく見られますよね?そして今回の鍵となる大内転筋はどのような関係性があるか次に記しますね。

歩行時における膝関節と大内転筋の関係性

ここではラテラルスラスト→膝関節内反ストレスとして捉えます。この内反ストレスを立脚初期でほんのわずかに大殿筋と共に制御するのが大内転筋です。ここがとても大事で、多くの場合は大内転筋など内転筋群の滑走制限が起きてしまう事で筋出力が低下し、立脚初期で大内転筋の収縮が不十分となり内反モーメントを制御できずにラテラルスラストが生じます(あくまでも一例ですが…)。

評価について

次に評価についてです。普段僕の臨床での流れとしては

  1. 歩行観察でラテラルスラストの有無を確認
  2. 内転筋群の滑走制限、伸張性低下を確認
  3. 殿筋群など外側筋群の緊張を確認

簡単に書いてみましたが、ここは意識しているところですね。2の内転筋群の問題があればそこに対して筋間を滑らせるようにリリース、股関節外転し伸張性改善を促す。などのアプローチをしてみます。

上記を行った際に変化が乏しければまた、別の視点を持って評価とアプローチを行っていくという流れです。

まとめ

  • 大内転筋は立脚初期に膝関節内反制動の働きがある
  • ラテラルスラストが起きてい時は大内転筋による内反モーメントの制動ができていない可能性がある
  • ラテラルスラストあり→内転筋群の評価 してみる価値はある。

異常が僕の臨床での一部です。膝OAでラテラルスラストが確認された際の1つの臨床推論の材料として使用してみてください!!

The following two tabs change content below.
からだの専門家の理学療法士。 一般向け・セラピスト向けにからだに関する知識やトレーニング方法をお伝えしています。詳しい情報はプロフィールから!!

最新記事 by 渡部 晃大 (全て見る)

ABOUTこの記事をかいた人

からだの専門家の理学療法士。 一般向け・セラピスト向けにからだに関する知識やトレーニング方法をお伝えしています。詳しい情報はプロフィールから!!